Website "SKY CRUISE" blog

2019年9月9日 新装開店です

自動車

カーシャンプー

今まで使っていたカーシャンプーが切れてしまい
地元のDIYセンターに行ってみたのですが、
「カーシャンプー」自体が2種類しか在庫が無く、
(最近使う人少ないのでしょうか?)
仕方が無いのでネットで買うことに。
いろいろ調べて決めたのがこれ!!
2020-04-09
シュアラスターカーシャンプー!!
使っているカーワックスは30年以上このブランドなので
同じブランドに合わせてみました。
週末にでも洗車してみようかと....

La Festa Mille Miglia 2019 (2)

宮城県七ヶ宿町役場チェックポイントでの見学を終え
途中、参加車両と一緒に走ることもありながら
次の見学ポイント福島県喜多方道の駅へ
ここは昼食会場となっており、すべての車両が
集結する場所にもなっています。
2019-10-26_5D4_5758
会場には横断幕や万国旗が飾られ賑やかな雰囲気です。

2019-10-26_5D4_5778
見てください。この車両。車好きにはたまりません!!

2019-10-26_5D4_5809
赤のトヨタ2000GT 日本の自動車文化のまさにレジェンドです。


2019-10-26_7D2_6293
25メートルを6秒で走る競技を兼ねて再スタート!!

2019-10-26_7D2_6306
ブガッティはいい味出しています。

2019-10-26_7D2_6789
工業デザイナー ケン・オクヤマ氏のドライブする車です。

このあと時間的に間に合いそうな「SLばんえつ物語」を
喜多方の第2舞台田踏切で撮影しこの日のオペレーションは終了しました。

La Festa Mille Miglia 2019 (1)

毎年この時期に開催される「La Festa Mille Miglia 2019」
チェックポイントのある宮城県七ヶ宿町の町役場に行ってきました。
2019-10-26_7D2_6066


2019-10-26_7D2_6055


2019-10-26_7D2_6185


2019-10-26_5D4_5388


2019-10-26_5D4_5635

今年は芸能界の方々の参加がありませんでした。
しかし、年代物のクラシックカーが現役で走っている姿は
まさに圧巻です。ここちよいエンジン音とオイルのにおい
すばらしいイベントです。
ここでの見学後、昼食会場の喜多方道の駅に先回りします。

MTG モーターフェスティバル 2019

宮城トヨタグループが毎年スポーツランドSUGOで行っている
MTGモーターフェスティバル。いままではスケジュールが合わず
なかなか行けなかったのですが、今年は特別招待日の今日
念願かなって行ってきました。
2019-10-04-1
一般招待日は10/5・6 自動車ディーラーとは言え、サーキットを借り切っての
イベントですからけっこう楽しめます。

2019-10-04-2
話題のトヨタGRスープラも3台が会場に送り込まれていました。

そしてメインは事前に申し込んでいたサーキット試乗会
車種はレクサス・86・クラウン・カムリなど
抽選で見事 "レクサスGS" をゲット!!

2019-10-04-3
追い越し禁止、過激な運転禁止と制限付きでペースカーに並んでの走行ですが
気合が入ります。ちなみに当方、SUGOのコースはずいぶん前にはなりますが
東北ポルシェクラブ主催の走行会、ポテンザドライピンクレッスンと過去2回
走っています。

続いてはプロドライバー同乗体験。レーシングドライバーの運転する車の
助手席に乗ってコースを走る企画です。本来は抽選ですが人数が少なく全員乗車可
とのこと。当方これまた "レクサスのRC" しかもFスポへ乗ることができました。
2019-10-04-4
もちろん安全を考慮して全開走行ではないでしょうが、
ウエットのコースは結構滑ります。
小刻みにカウンターをあてるプロの運転はさすがです。
でもこいった車の「限界」を知る、体験することはとても重要だと思います。
とても貴重な体験でした。

一通りのイベントに参加した後はブレイクタイム
2019-10-04-5
パンとコーヒーをいただきましたが、パンふっくら、コーヒーはドリップコーヒーと
本格的、ウエイターさんがコーヒーを持ってきたときは「本日はコロンビアです!!」
と豆のブランドを紹介していただきました。どうも本格的なケータリングサービスを
使っているようです。

久しぶりに体験型イベントを楽しむことができた1日でした。

VWビートル

先日、定禅寺ストリートジャズ
フェスティバルに行った際、
仙台西公園南側にズラリとVWビートルが並んでいました。
詳しいことはわかりませんがミーティングのような雰囲気でした。

2019年をもって販売を終了するビートル、特にこの前期型は
独特のフォルムをまとっており、時は流れてもその時代にマッチした
デザインはドイツが生んだ傑作車だと思います。
土地と資金に余裕があれば車庫に一台は並べておきたいものです。

友人にも熱狂的なファンがおりますが、いつも「また運転したい」
と言っています。頑張れ!! H.K君、応援しています!!
2019-09-12

ギャラリー
  • カーシャンプー
  • リベンジ
  • リベンジ
  • リベンジ
  • スーパームーン -1日
  • スーパームーン -2日
  • 2020 桜 その2
  • 2020 桜 その2
  • 2020 桜 その2
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ